低容量ピルと中容量ピル

現在ピルを使用している人が多くなってきています。
日本では成人女性の普及率は3パーセントとまだまだ低くなっていますが、今後10年間の間に使用する人が多くなってくると予想されています。
現在若い女性を中心にその知名度が上がってきています。
日本では2006年に日本産婦人科学会において、ピルの使用法ガイドが改定されてからはその認知度が高くなってきています。

低用量ピルにはトリキュラー錠等があり、女性の生活習慣に合わせて2つの飲み方の種類があります。
生理が始まった帆を第1日として、生理の1日目から飲み始める方法があります。
これをDay1スタートといいます。

もう一つは生理になった初めての日曜日から低用量ピルを飲み始めるという方法で、サンデースタートといいます。
このサンデースタートでは、生理か週末と重ならないので、お出かけがしやすいというメリットがあります。
しかし薬を飲み始めた最初の1週間は、他の避妊方法を併用して行わなければいけないと言うことがあります。

これと比べてDay1スタートでは、他の避妊方法を併用する必要がありません。
最初の導入が成功すると、それから後は3週間ホルモン剤を使用します。そしてその後は1週間の休憩といったことを繰り返し行います。
これを4週間行い1周期とします。

今まで使われていた中容量ピルでは、生理が始まる度に生理の5日目から再スタートをしてい多ので面倒でした。
しかし低用量ピルでは、生理があるなしにかかわらず、4週間を1周期として再スタートすることができます。

Day1スタートの場合では、生理の1日目に薬を飲むのは一番最初の時だけなので、それほど負担になりません。
また低用量ピルには飲み忘れると言うことを防ぐための2つの種類があります。
それは薬を飲まない休憩時間を7日間おくものと、休憩時間を設けない28錠のものがあります。

★低用量・中容量ピを買うならまずこのサイトのご一読をオススメします。
ピル 通販
★人気の避妊薬通販
ヤーズ
レボノルゲストレル